Union Tray®をよりお手軽にお試しください。

Union Tray®はUPTの持つ『エッチング+拡散接合技術』による製品です。拡散接合は、金属箔を積層し、高温下で圧力をかけることで原子間接合をする工法で、他の接合方法では類をみない強度を誇ります。従って、耐久性を高く要求される治具・トレーには最適な工法と言えます。

一方で拡散接合技術は製造工程に時間を要することもあり、それに伴い少し高価なものとなることもあります。

そこで本日ご紹介いたしますのはレーザースポット技術により、コストメリットの高い工法で製作するUnion Tray®のご紹介です。

従来のような機械加工技術では実現できない寸法精度、量産効果といったUnion Tray®の持つ特長はそのままに、耐久性は拡散接合技術と比較すると落ちますが、大変お求めやすい価格でご提供することができます。

機械/切削加工技術では満足できる加工精度が実現できない、また拡散接合技術による工法は少し高価とお考えのお客様には最適なソリューションとなります。

機械/切削加工技術の課題

機械/切削加工技術の課題<br />

ご提案

ご提案

製作事例: 電子部品向け振り込み治具
Union Tray®

製作事例: 電子部品向け振り込み治具<br />
Union Tray®

『エッチング+レーザースポット技術』による
Union Tray®のポイント

『エッチング+レーザースポット技術』による<br />
Union Tray®のポイント<br />

ポイント2

ポイント2

ポイント3

ポイント3