シム・スペーサー

公差や累積誤差の微調整、影の仕事人

精密機械を組み立てるとき、公差や累積誤差が発生してしまいどうしても調整が必要となることがあります。
そんな時に使用されるのが、シム・スペーサーと呼ばれる精密部品です。

特に精密機械に於いては、ミクロンレベルでの微調整が必要となります。一般的な金属加工方法の中には、対応が難しい板厚と材質の組み合わせがあり、製作が困難です。また、光学部品・機器などの特殊用途では、光の廻り込みや反射を抑える為にシム・スペーサーそのものに黒色処理が必要な場合もあります。

私たちUPTは、精密機械の微調整の課題を解決すべく、弊社が得意とするエッチング加工技術と様々な表面処理との組み合わせにより、シム・スペーサーを広くご提供しております。

エッチング加工以外での課題について①

エッチング加工以外での課題について①

エッチング加工以外での課題について②

エッチング加工以外での課題について②

シム・スペーサーを使用したご提案例

シム・スペーサーを使用したご提案例

エッチング加工でのシム・スペーサー製作のポイント

エッチング加工でのシム・スペーサー製作のポイント