フォトエッチングとは

フォトエッチング(エッチング)とは、エッチング液などの薬液による金属の化学反応・腐食作用を利用して金属を切削・加工する技術です。
主に半導体や電子機器分野で使用される極小部品・極薄板厚、特殊で複雑な形状の製品など、薄板金属の超精密な加工・精度の要求にも対応可能な技術です。

フォトエッチングのメリット

フォトエッチングは、薄い金属板の微細精密部品の製造に適した加工方法です。
写真の製版プロセスと化学的な腐食作用を組み合わせる加工技術で、複雑かつ微細加工を必要とする金属加工においては、プレス加工やレーザ加工と比較して費用対効果の高い方法です。
イメージした形を数日で製作可能です。
お客様の「こんなものを作りたい!」をご相談ください。

UPTエッチング精度
  • 微細デザインへの対応
    ミクロン単位の超微細加工、高密度、複雑、超小型部品の製造に優れています。
  • バリのない仕上がり
    加工によるバリや歪み、カエリ、加工硬化が生じません。
  • 費用対効果の高さ
    高価な金型や治具が不要なため初期費用を大幅に削減することができます。
  • 短納期
    プレス加工と異なり、金型不要のため小ロット・多品種・短納期での対応が可能
  • 多様な素材への対応
    幅広い金属に対応しています。特殊素材、難削材の加工もお任せください。

加工可能な材質

  • ステンレス
  • 銅材
  • リン青銅
  • その他材料は担当者へご相談
  • ベリリウム銅
  • 真鍮
  • アルミニウム
  • ニッケル
  • チタン
  • マグネシウム

加工板厚

t=0.005mm-最大2mm
弊社では、お客様の特定のニーズにお応えするため、多様な材料と板厚の在庫を保持しています。
その他の板厚についてはお気軽にご相談ください。

切削加工との比較

フォトエッチングと切削加工の加工表面の比較
エッチングメリット
切削加工デメリット
フォトエッチングと切削加工の加工断面の比較
エッチングメリット
切削加工デメリット

エッチング条件による加工断面の比較

フォトエッチングの加工断面

UPTのメリット

  • どこよりも小さく・薄く・細く
    最も小型・薄型化が求められる、先端技術の見本市とも言えるスマートフォンの精密部品においてトップシェアという開発実績があります。
    最薄0.004mm薄板加工が可能で、難削材や厚物(2mm)、ユニークな形状の加工、あらゆるデバイスにおける技術革新のパートナーとしてお役に立ちます。
  • 高品質×低コスト×短納期の追求
    当社では、そのご要望や市場の変化に対応すべく、独自に『先端技術開発センター』を開設し、製品の性能向上やコストダウンを叶える新しい技術を日々研究開発しています。
    また、国内工場の設備・品質管理体制を海外工場(タイ)にも移植し、国産品質での低コスト量産を可能としました。
    さらに500種類を超える豊富な材料在庫群と試作専門チームの対応により、短納期(最短3日)を実現しています。
  • 安心の対応力
    当社では各分野の幅広い知見をもつスペシャリストが、仕様設計から製作、2次3次加工までを細やかにサポートします。試作から海外市場向けの量産まで一貫対応できるのも強みです。
    日本語・英語・中国語・韓国語・タイ語などの多言語対応も可能です。
  • ワンストップ・ソリューション
    当社はお客様の生産ニーズに完全なワンストップ・ソリューションを提供します。メッキや機械加工などの追加工程が必要な場合でも、必要な技術サプライヤーの調整と管理を行います。生産が簡素・合理化され生産効率が上がります。